取引所の選び方

ステーキングで報酬がもらえる国内取引所と対象通貨・利率

暗号資産を預けることで報酬がもらえるステーキングは、金利収入のように報酬が得られるので暗号資産を長期保有している人などを中心に人気のサービスです。

ステーキング報酬がもらえるのは海外取引所が多いですが、国内取引所でもステーキングで報酬がもらえる取引所・通貨はありますので本ページで対象通貨や利率をまとめてご紹介します。

それでは見ていきましょう。

ステーキングとは

ポイント
  • 通貨の保有数量に応じて報酬がもらえる
  • ブロックチェーン上に通貨がロックされる
  • 対応している通貨が限られる

ステーキングとは、暗号資産の保有数量に応じて報酬がもらえるサービスです。

厳密には後述するブロックチェーンの検証システムの一部で、検証により報酬が得られるしくみですが、個人投資家にとってはそこまで理解する必要はなく、保有した暗号資産を預けて(ロックして)報酬がもらえる定期預金のようなしくみと理解しておくと良いでしょう。

ねこくん
ねこくん
しくみはやや複雑だけど、暗号資産の保有量に応じて報酬がもらえるサービスだよ

ステークした暗号資産はブロックチェーン上に通貨がロックされることになり、出金や売却に制限が出ますがそれにより報酬を得ることができます。

ステーキングのしくみ

ステーキングはブロックチェーン上の暗号資産の検証システムのひとつで、マイニングのように早い物勝ちで検証者が決まるのではなく、暗号資産の保有数量によって検証者が決まり、検証による報酬を受け取ることができるしくみです。

ステーキングとは
  • ステーキングはブロックチェーンの検証のしくみの一つ
  • 保有数量によって検証者が決まり報酬がもらえる
  • 取引所が個人投資家の保有分をまとめてステーキングする
  • 取引所が受け取った報酬を保有数量に応じて按分して受け取る

PoS(Proof of Stake)を採用している通貨でステーキングを行うことができるため、ビットコインやイーサリアムなどが採用しているPoW(Proof of Work)では行うことができません。

直接的には取引所がステーキングにより報酬を得ており、取引所に配分されたステーキング報酬の総量を保有数量にあわせて投資家に分配しています。

そのため、個人投資家にとっては保有数量に応じて報酬がもらえる定期預金や貸株のように金利収入が得られるサービスになっています。

ステーキングが注目される理由

ステーキングの良いところ
  • マイニングよりも電力消費が抑えられてエコ
  • 投資家は保有している暗号資産から報酬がもらえる

投資家にとっては、暗号資産を保有していると金利のように報酬を受け取ることができ、ただ持っているだけより投資パフォーマンスを高めることができます。

また、ブロックチェーン全体を考えても、ステーキングによりブロックチェーンの検証に貢献することができ、マイニングのように大量に電力を消費することなく検証を進めることができるメリットがあります。

一方でステーキング時はブロックチェーン上に暗号資産をロックする必要があるため、大量にステーキングを行っている際は市場で売買できる通貨の総量が減り、理論的には流動性が落ちて価格が落ちやすくなる点も理解しておく必要があります。

ブロックチェーン全体のことを考えている人は少数だと思いますが、投資家にとっては保有している暗号資産から報酬を得ることができるので非常に魅力的なサービスと言えますね。

ステーキングで報酬がもらえる国内取引所と対象通貨

取引所 対象通貨 利率
bitFlyer リスク(LSK) 年率0.5-1%
coincheck リスク(LSK) 年率0.5-1%
GMOコイン テゾス(XTZ) 年率5.5%

ステーキングはまだ新しいしくみのため、対応している国内取引所や対象となる通貨は限られます。

現時点で対応しているのはbitFlyer、Coincheck、GMOコインの3社で、bitFlyerとCoincheckではリスク(LSK)をGMOコインではテゾス(XTZ)をステーキングすることができます。

bitFlyer

bitFlyer
銘柄 リスク(LSK)
最小保有数量 10LSK/日
報酬受取日 毎週火曜日
報酬額 変動制
手数料 無料

bitFlyerは国内大手の取引所で、豊富なサービスと安い手数料、豊富な取扱銘柄が魅力の取引所です。

人気のポルカドットを買うこともできます。

bitFlyerがポルカドットの取り扱いを開始!現時点のメリットと注意点を解説大手仮想通貨取引所のbitFlyerが、人気暗号資産のポルカドットの取り扱いを開始すると発表しました。 また、あわせてポルカド...

サービスのバランスが非常に良いので、はじめての仮想通貨取引や先進的なサービスを利用したい人におすすめです。

公式サイト詳細

coincheck

コインチェック
銘柄 リスク(LSK)
最小保有数量 10LSK/日
報酬受取日 毎週水曜日
報酬額 変動制
手数料 無料

Coincheckはリスクのステーキングで報酬をもらうことができ、ステーキングのサービス内容はbitFlyerとほぼ同じです。

取扱銘柄が豊富で取引手数料が無料など、リスクの取引以外にもメリットが多い取引所です。

東証1部上場のマネックスグループの会社である安心感もあり、はじめての仮想通貨取引にはbitFlyerと並んでおすすめの取引所です。

公式サイト詳細

GMOコイン

銘柄 テゾス(XTZ)
最小保有数量 1 XTZ/日
報酬受取日 毎月10日
報酬額 変動制
手数料 無料

GMOコインではテゾスのステーキングに対応しており、1テゾス以上保有している投資家に対して報酬が支払われます。

ステーキング報酬は変動性のため決まっているものではありませんが、おおよそ5%から5.5%の利率の報酬が支払われるため、かなりの高利率となるのが魅力です。

GMOコインは手数料も安く取引しやすい取引所なので、テゾスのステーキングがしたい人や手数料重視で取引所を選びたい人におすすめの取引所です。

公式サイト詳細

まとめ

ステーキングができる国内取引所を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • 保有している暗号資産から報酬を得ることができる
  • 対応している取引所はbitFlyer、Coincheck、GMOコイン
  • bitFlyer、Coincheckはリスク、GMOコインはテゾスのステーキングに対応

ステーキングは保有している暗号資産から報酬を得ることができるサービスです。

国内で対応している取引所はまだ少ないですが、bitFlyerCoincheckGMOコインが対応しており、bitFlyer、Coincheckはリスク、GMOコインはテゾスのステーキングで報酬がもらえます。

暗号資産はもらえるステーキング報酬よりも値動きによる損益が圧倒的に大きいため、ステーキング目的で通貨を持つのは微妙ですが、すでに保有している暗号資産がステーキングに対応しているなら、ただ持っているだけはもったいなく利用してみることをおすすめします。

bitFlyerの詳細を見てみる

Coincheckの詳細を見てみる

GMOコインの詳細を見てみる

なお、ステーキングやレンディングのように保有している暗号資産から報酬を得るサービスは国内より海外取引所が充実しているので、ステーキング報酬などインカムゲイン(保有している通貨から得る収益)を重視する人はBinanceなど海外取引所の口座を持っているとなにかと便利です。

Binanceのステーキングの特徴・利率・はじめ方(設定方法) Binanceには「ステーキング」というサービスがあり、暗号資産を預けて利息のように報酬を得ることができます。 預けておく...
編集長
はじめて暗号資産 編集部
金融を中心に100超のWebメディアを運営する法人の代表。元証券会社社員。
暗号資産の億り人に出会い、暗号資産の世界にどっぷり浸り当サイト運営を開始。

詳しいプロフィールは著者情報 をご覧ください。
bitFlyer